琵琶湖の足跡

琵琶湖の歴史をたどると、400万年前までさかのぼることができるそうです。

画像


今日は琵琶湖博物館で、人が琵琶湖の自然と共存し、琵琶湖の恵みを受けながら発展させてきた文化を勉強して来ました(笑)。

ここでは、琵琶湖の誕生から現在までを「琵琶湖のおいたち」「人と琵琶湖の歴史」「湖の環境と人びとの暮らし」「淡水の生き物たち」の4つに分けて展示されているのです。

最初の展示は、2億5千年前から自然環境の変遷です。

化石・岩石・鉱物が一番最初の展示。 そして、約250~180万年前の森林と動植物たち・・・

画像


そして、人と琵琶湖の歴史の展示へと続きます。

かって湖上輸送の主役だった百石積みの丸子船など、当時の暮らしを感じることができます。

画像


そして、環境と人々のくらし・・・

水道が生活に入ってくる前の農村の風景が再現されています。

子供の頃行った、爺ちゃん、婆ちゃんの家がこんな雰囲気だったような・・・

なんだか、懐かしいなぁ。

画像


そして、淡水の生き物達を、生息環境を再現しての紹介です。

琵琶湖の主、ビワコオオナマズや、チョウザメなど古代魚を含めて、日本の稀少淡水魚を見ることが出来ますが、なかなか、想像以上にしっかりした内容になってました。

メスしかいないという、銀鮒など不思議な魚の展示など、おもしろかったです。

女房が食い入る様に説明を読んでいた様が一番おもしろかったけど・・・(笑)

画像


・・・そして、琵琶湖と言えば、カイツブリです。

カイツブリは、琵琶湖に古来から生息しているとかで、滋賀県の県鳥に指定されているのですよ。

画像


こっちに引っ越して来てから、琵琶湖放送が流している「知ったかぶりカイツブリ」を聞いて、カイツブリを知ったのですが、こんな曲です。↓




滋賀県民にしか分からないようなネタうを歌っているのですが、カイツブリのキャラが可愛いでしょ(笑)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


↑↑L.L.Bean通販サイトはココをクリックです↑↑