雲海に浮かぶ竹田城は、お預け。

日の入り時刻は、携帯からネットで調べて見ると6:00AM頃。

目覚ましを使うまでもなく、4:00AMには起きて外を見ると、谷から白く立つ朝霧らしきモノが確認できた。

この時間になると、次から次へと撮影目的と思われる車が到着して、まだ早いと思いつつも気が焦るワタシでした(笑)。

4:30AM過ぎた頃には、昨日、情報を頂いたお隣でP泊の方達が、早速出掛けて行かれたので、自分も準備を急いで出発。

昨日、下見しておいた場所を目指して必死に登るのだが、昨日と違って時間に追われているからか、つい急ぎ勝ちになって、昨日以上に厳しい(苦笑)。

そして、案の定、分かれ道でどちらへ行けば良いのか迷うワタシ。

たまたま、後ろから来られた登山姿の準備万全の方に道を教えて頂き迷う事無く、まだ暗い中、昨日の場所に着くことができたよぉ(笑)。

そして、良い感じで雲海が出ているのが確認できた。

画像


竹田城の後ろにも朝霧が立って良い感じかもと期待するも竹田城前に雲海が広がらない。

画像


周りには、雲海は広がっているのだが、自分が思うようには霧が動いてくれる訳もなく、しかも曇りで、陽も上手く出てくれない。

画像


でも粘るワタシ(笑)。

そこへ、カメラを初めて30年以上という強者の大先輩が話しかけて来てくれた。

今までに撮った写真を見せてくれながら、紅葉や桜のシーズンの竹田城の情報や、近県の撮影場所、カワセミの撮り方にカメラやレンズについてまで教えて頂きながら、まだ粘るワタシ(笑)。

そして、なんとか撮ったのがコレ(苦笑)。

画像


なんとか、人工物を隠して撮る事はできたけど・・・

次こそはと誓い下山した次第ですが、下に行けば行くほど、カメラマンが増え、駐車場から5分程の所まで下山すると撮影スペースが無いほど大勢の人。

どうやら、ワタシは、場所取りのライバルもいないほど登っていたらしいです(笑)。

撮り終えて駐車場では、知らない人達と本日の撮影について歓談し、朝食をとってのんびりした後、知り合った人達に「また、どこかで」と挨拶して帰路についた次第。

いやぁ~それにしても楽しかったけど、筋肉痛が怖い~(笑)。M_buzzをフォローしましょう

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
キャンピングカー情報を公開している方のブログ <-応援してね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


↑↑L.L.Bean通販サイトはココをクリックです↑↑