意外と使えた2段ベッド

バンコンってどうなの?って、聞かれてTepeeの使い勝手を思い返してみた(笑)。

まずは、『やっぱり、旅にはTepee』だねぇ~と云うのが感想(笑)。

画像


なんてたって、充分な広さのベッドで寝心地は良好♪

テーブルを走行中も利用できるのはもちろんのこと、取り外して居住スペースを広く使う事もできるし(笑)、かなりコンパクトだけどシンクと卓上コンロに冷蔵庫は意外と使える(笑)。

FFヒーターにマルチシェードを利用すれば、氷点下でも車内ではTシャツで過ごせるし、クローゼットはないものの、後部に取り付けたハンガーポールには、スキーウェアーや、ジャケット類を大量に掛ける事ができる。
翌日に着る衣類などは、折りたたみ式簡易棚に置いておけば邪魔になることもない。

・・・これは、まだ実験してないけど、シンクの清水タンクに熱帯魚用のサーモヒーターを入れておけば、ぬるま湯程度にはなって、真冬の洗顔も快適になるはず・・・なんつって(笑)。

そして、必要な道具などを収納できる広大なラゲッジスペースは、床下収納として多目的に利用できて非常に便利なのです。

こうして考えると、最近手狭に感じていたTepeeも、実はワタシには充分なのだろう・・・(笑)。

特に2段ベッドは、狭いと思い込んでいたけど、それは息子の落下防止の為、取り付けられたネットのせいで、実はネットがなければ、圧迫感がなく余裕の広さである事を今更ながら感じている次第です。

画像


旅の帰路、睡魔に襲われ国道沿いに見つけたドライブインで仮眠をとる事にした時、既に居住スペースは息子が爆睡しているし、モニバス夫人は助手席で仮眠体制だし、2段ベッド下は荷物があふれている状態だったのだけど、最近は2段ベッドをたたまず常設状態という事もあって簡単にベッドに潜り込む事ができた(笑)。

しかも、Tepeeの場合、今更だけど177センチのワタシでも、無理なく余裕の広さで圧迫感もないじゃないですか・・・
キャブコンの常設二段ベッドとかに比べても、寝床の広さを重要視していたワタシには、Tepeeのほうが実用的かも知れないなんて・・・

そんな訳で、Tepee君をかなり見なおしたボクなのです。





・・・とはいえ、キャンピングカーを使ってみてどうしても、何とかしたいところもあります。

それは夏対策。

風通しを良くするモスキートネットはあるけど、さすがにセキュリティ上、道の駅で全開ってわけにはいかないし、開けたからって正直平地では効果がない。
かと言って、Tepeeのエンジンを掛けてエアコン利用するのも、このご時世は気が引けますし・・・

某社からルーフエアコン付きハイエースのDMが来てたけど、あれって後付けできるものなのかな・・・

夏のエアコンが対応できれば、機動力を欲するワタシにはキャブコンより、やっぱバンコンなんだけどね(笑)。M_buzzをフォローしましょう

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
キャンピングカー情報を公開している方のブログ <-応援してね



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


↑↑L.L.Bean通販サイトはココをクリックです↑↑