トホホッHDDに問題検出(覚書)

「ハードディスクの問題が検出されました」ってメッセージが...いっつも突然だからorz
画像

もぉぉぉーっ
年末にブートできなくなって、修復したとこやったのに・・・(T_T)

正常稼働している感じなんだけど、Xやキャンセルをしても、すぐ同じメッセージが出力されてくる。
とりあえず、必要なデータをバックアップして、再起動すると「S.M.A.R.T. Status BAD.・・・」と出力されて、どうもHDDにハード異常をきたしているみたい・・・(^_^;)
(S.M.A.R.T(自己診断)=Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)

異常の原因まで探っておりませんが、不良セクターが代替セクターを食いつぶしているのだろうか・・・
ラッキーなコトに異常のHDDはバッファとして利用しているだけのDドライブなので、とりあえず取り外して超簡単に解決と思いきや・・・ブートしないじゃん(T_T)

手っ取り早く、HDDのクローン作成も考えたけど、異常をスキップしてくれそうな機材は高いので、ネットから有力情報を探しましょ・・・
ディスクの管理を確認すると・・・Dドライブ側にシステムパーティションが・・・
画像

システム パーティションにはWin7をブートするのに必要なファイルがあり、ブート パーティションにはシステム ファイルがあるから・・・たぶん・・・
元々はDドライブにXP、CドライブにWIN7って構成でマルチブートしていた関係で、MBRがDドライブに入っているから、IPLするにはDドライブが必要ってコトかな(^^ゞ

そんな訳でCドライブにMBRの作成を...下記、覚書

まずは、CドライブにMBR作成するためアクティブ化を...
(ディスク管理でアクティブにしたから不要かな・・・念のため)

 ①Win7のDVD(インストール)で立ち上げて修復へ
 ②コマンドプロンプトを選択
 ③diskpart実行
 ④次にlist disk実行(該当するdisk noを取得)
 ⑤select disk [取得したdisk no.]を実行
 ⑥list partition実行(partitionを取得)
 ⑦select partition [partition]実行
 ⑧active実行
 ⑨exit

次にMBRの作成。
 ①bootrec /fixbootコマンド
 ②bootrec /fixmbrコマンド

晴れて、不良HDDを取り除いてブートできるようになりました。

代わりに調達するHDDはWDかGSTか・・・どっちがエエかなぁ(苦笑)

つかれるぅ(ーー゛)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


↑↑L.L.Bean通販サイトはココをクリックです↑↑